多項目自動血球分析装置 XN-Series の 基礎的検討と臨床参考範囲の検討: Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011

Please download to get full document.

View again

All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
 0
 
 

Others

  Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011 多項目自動血球分析装置 XN-Series の 基礎的検討と臨床参考範囲の検討 阿 部 智 行*1,小 林 沙 耶 香*1,尾 崎 綾 乃*1,小 松 千 津*1, 上 田 正*1,小 倉 克 巳*1,杉 浦 哲 朗*2 *1 高知大学医学部附属病院 検査部:高知県南国市岡豊町小蓮(〒 783-8505) *2 高知大学医学部附属病院 病態情報診断学講座 要  旨 シスメックス社が新たに開発した多項目自動血球分析装置 XN-2000 ( 以下,XN-2000 ) の基礎的検討を行った.XN シリーズは,XE-2100 など同社の装置と比較し,所要
Share
Transcript
  Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011  要 旨 1 阿 部 智 行 *1 ,小 林 沙 耶 香 *1 ,尾 崎 綾 乃 *1 ,小 松 千 津 *1 ,上 田 正 *1 ,小 倉 克 巳 *1 ,杉 浦 哲 朗 *2   *1  高知大学医学部附属病院 検査部:高知県南国市岡豊町小蓮(〒783-8505)  *2  高知大学医学部附属病院 病態情報診断学講座 ■  は じ め に 近年,臨床検査に用いられる機器の進歩は著しく,自動血液分析装置においても高機能・高速処理化され,血液検査における TAT (Turn Around Time)  の短縮や臨床への有用な付加情報の提供に貢献している.シスメックス社が新たに開発した多項目自動血球分析装置  XN -   ( 以下,  XN -  )  は,同型の装置である  XN -  を二台連結させた型式の装置名称であり,二台連結機構によって,再測定  (Rerun) ,再検査  (Reflex )  を全自動で実施することが可能で, TAT の短縮はもとより,人的作業効率の向上が期待できる.  XN -  は全血球計数値  (CBC) ,白血球  分類  (DIFF) ,網赤血球数  (RET) ,有核赤血球数  (NRBC)  などの測定可能項目を有する.また,同等の測定可能項目を有する  XE -  と比較し,小型に設計されており,検査室での省スペース化においても期待される 1) .今回我々は,  XN -  の基礎的性能について検討を行う機会を得たので,装置単体としての基礎的検討を行った. ■  検 討 項 目 ・ CBC 項目:白血球数  ( WBC) ,赤血球数  (RBC) ,ヘモグロビン濃度  (HGB) ,平均赤血球容積  (MCV ) ,血小板数  (PLT) ・ DIFF 項目:好中球  (NEUT) ,リンパ球  (LYMPH) ,単球  (MONO) ,好酸球  (EO) ,好塩基球  (BASO) ・ RET ■  検 体 材 料 ・患者検体:当院に検査依頼のあった入院・外来患者の EDTA  -  K  加静脈血・健常者検体:当院職員の EDTA  -  K  加静脈血 多項目自動血球分析装置XN-Seriesの基礎的検討と臨床参考範囲の検討 シスメックス社が新たに開発した多項目自動血球分析装置XN-2000 (以下,XN-2000) の基礎的検討を行った.XNシリーズは,XE-2100など同社の装置と比較し,所要検体量の少量化や小型化ならびにユニット化などの改善が図られている.さらに,複数台構成となるXN-2000は,日常検査において必須となる自動再検機能を有し,有用性の高い多項目自動血球分析装置であると思われる.従来装置XE-2100を比較対象として装置単体性能を評価し,同時再現性では,CBC項目 (n=15) のCV中央値が1.5%以下,および希釈直線性においてWBC 2408.1×10 2  /μL,RBC 747×10 4  /μL,HGB 23.6g/dL,PLT 103.6×10 4  /μLまでの直線性が得られるなど,良好な結果を得た.相関性においても,CBC項目では相関係数r=0.970~0.995と良好な相関を示した.同時にサンプルの安定性や,臨床参考範囲についても確認した. キーワード XN-2000,XN-1000,多項目自動血球分析装置,臨床参考範囲,同時再現性,希釈直線性  Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011 2 ■  検 討 内 容  XN -  では全血・低値白血球・希釈・体液と複数の測定モードが搭載されているが,今回の検討では全血測定モードを用いた. 1.同時再現性 患者検体を用いて CBC および DIFF 項目, RET について    回連続測定を行い検討した  (n=  ) . 2.希釈直線性  WBC , RBC , HGB , PLT において高値域の直線性を検討した.  WBC , PLT は患者検体を用い, RBC , HGB は健常者検体を用いて調整を行った. 3.現行機との相関性 健常者検体を用い, CBC (n=  )  および DIFF 項目  (n=  )  について,多項目自動血球分析装置  XE-   ( 以下,  XE-  ;シスメックス社 )  との比較を行った. 4.目視法との相関 当院職員健康診断で得られた検体を用いて, DIFF 項目に関して  XN -  と目視法との相関を調べた  (n=  ) .目視法は,白血球目視分類を日常検査とする臨床検査技師  名に標本を振り分け,日本臨床検査技師会勧告法に従い,  カウント分類を行った.なお目視分類は,自動血球分析装置の分類結果を参考にせず,ブラインドにて行った.末梢血塗抹標本の染色法はメイグリュンワルド・ギムザ染色を用いた. 5.経時安定性 健常者検体を用いて,室温  (   ℃ )  と冷蔵  (   ℃ )  保存にて,採血後  時間まで経時的に測定し,サンプルの安定性を確認した  (n=  ) . 6.臨床参考範囲 当院職員健康診断で得られた検体を用いて,健常者検体の臨床参考範囲を算出した. ■  結 果 1.同時再現性 CBC 項目の CV  %  ( 括弧内は中央値 )  は,  WBC  .  ~  .   (   .  ) %, RBC  .  ~  .   (   .  ) %, HGB  .  ~  .   (   .  ) %, MCV  .  ~  .   (   .  ) %, PLT  .  ~  .   (   .  ) %であった. DIFF 項目の CV  %は, NEUT  .  ~  .   (   .  ) %, LYMPH  .  ~  .   (   .  ) %, MONO  .  ~  .   (   .  ) %, EO  .  ~  .   (   .  ) %, BASO  .  ~  .   (   .  ) %であった. RET の CV  %は,  .  ~  .   (   .  ) %であった  ( 表1 ) .  Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011 3   Sysmex Journal Vol.34 Suppl.2 2011 4 2.希釈直線性  WBC  .  ×   / μ L , RBC  ×   / μ L , HGB  .  g/dL , PLT  .  ×   / μ L までの直線性が確認された  ( 図1 ) . 3.現行機種との相関性  XE -  との相関性を示す  ( 図2 ) . CBC 項目では相関係数 r=  .  ~  .  と良好な相関を示した. DIFF 項目では NEUT , LYMPH , EO では r=  .  ~  .  と良好な相関を示したが, MONO は r=  .  , BASO は r=  .  であった. 図1.希釈直線性
Related Search
Similar documents
View more
We Need Your Support
Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

Thanks to everyone for your continued support.

No, Thanks
SAVE OUR EARTH

We need your sign to support Project to invent "SMART AND CONTROLLABLE REFLECTIVE BALLOONS" to cover the Sun and Save Our Earth.

More details...

Sign Now!

We are very appreciated for your Prompt Action!

x