初めてのレポート

Please download to get full document.

View again

All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
 7
 
 

Slides

  1. レポート るびまから学ぶ、優しいイベントレポートの書き方 初めての @odailly_jp おだい 2. 自己紹介 おだい @odailly_jp 3. 岡山…
Share
Transcript
  • 1. レポート るびまから学ぶ、優しいイベントレポートの書き方 初めての @odailly_jp おだい
  • 2. 自己紹介 おだい @odailly_jp
  • 3. 岡山 Ruby 会議 02 札幌市中央区 Ruby 会議 01 るびまレポート班
  • 4. お話したいこと • イベントレポートを書くときに
 意識したいこと
  • 5. レポート読む人の心情? 読者は
 「発表者がどんなことを話したのか」が
 気になるから、
 るびまレポートを読む
  • 6. 発表が話したことをそのまま書く レポートの書き方
  • 7. 本当に? ???
  • 8. 過去のレポートを 見てみることにした 振り返る
  • 9. 過去のレポートを見て 学んだこと 振り返る
  • 10. 会場の雰囲気を 伝える
  • 11. るびま 0040 号 掲載『岡山 Ruby 会議 01』
  • 12. 赤い T シャツを脱ぎ捨て下に着ていた緑の T シャツになるパフォーマンスで会場を沸 かせていました。
  • 13. 発表者が話したことを伝える ! + ! 会場の雰囲気を伝える
  • 14. 参加者が 感じたことを 伝える
  • 15. るびま 0042 号 掲載 『東京 Ruby 会議 10 中断後の3日目』
  • 16. その長いメソッドを壇上のプレッシャーの 中打ち込み次々と出来上がっていく様子に 会場からは「すごい」と感嘆の声が上がっ ていました。
  • 17. レポーターが 感じたことを 伝える
  • 18. Yugui さんのソフトウェア開発として 立ち位置、思いがストレートに伝わって くる素晴らしい演説でした。
  • 19. 自社の製品も含めて、ソースコードで話せ るようフリーなソフトウェアにこだわって いる仕事をされている様子が伺えました。
  • 20. 着実にキャリアを積まれてきたように見え ます。その選択こそが現在の大場さんを形 作っているのかもしれません。
  • 21. レポートの締めくくりに レポーターが感じたことを 書いている!
  • 22. まとめ
  • 23. 意識したいこと • 「どんなことを話したのか」にこだわりすぎない • 会場の雰囲気を伝える • 参加者が感じたことを伝える(想像でもOK!) • レポーターが感じたことを伝える
  • 24. るびまレポート班を
 やってみよう!
  • Similar documents
    View more
    We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks
    SAVE OUR EARTH

    We need your sign to support Project to invent "SMART AND CONTROLLABLE REFLECTIVE BALLOONS" to cover the Sun and Save Our Earth.

    More details...

    Sign Now!

    We are very appreciated for your Prompt Action!

    x